戻る
幸泉法人会では、地域のたいせつな危機管理要衝である高田上谷病院を中心に、多分野の危機管理にとりくんでいます。
すでにマニュアルが作成されているなかから、順次ご紹介しましょう。
特に、西宮北部、神戸市北区北部地域の方とともに、取り組んでゆきたいと考えます。
[火災防災] [水害防災] [地震災害] [停電災害]
[通信途絶] [放送途絶] [院内感染防止] [雷害防御]

火災防災 1消防計画の周知徹底

消防計画の衆知徹底につとめています。
職員はもとより、高田上谷病院や幸泉エルズの入院者、地域周辺の皆さまに向け、啓発音声を随時、放送しています。

朝:9時30分 午後:16時30分
21時30分防災装置チェック


2地中防火水槽の保護、消防活動空置夜間確保、連結
3送水部の障害排除

上記のために、高田上谷病院と幸泉エルズでは、夜間は正面駐車場を駐車禁止とし、夜勤医師・夜勤職員・来院者とも、駐車をしない。
また、まさかの移動が迅速にできるよう、逆頭駐車禁止、を徹底をめざしています。
正面駐車場の地下には、地域の火災にも使用する水槽があります。

水害防災 高田上谷病院・幸泉エルズの北館県道沿い、正面玄関、の2カ所は、大水による激流の流入が予想されます。
地下に大型排水ポンプ2基、非常用の汚物ポンプ2基、簡易ポンプ3基を配備。
年1回、排水訓練を励行中。
正面玄関前には、流水排水溝を設置し、突入を防止しています。
ページの
最初へ

地震災害
新建築基準による施設のため、きわめて強固ですが、高田上谷病院のアルミ床の接合部と、付近病室には、激震時は、壁などにひびがはいることがありますが、心配はご不要。
病室什器にはすべてコマが取り付けられ、激震で少し動きますが、転倒しません。
阪神大震災で実証ずみ。
エレベータに絶対にのらないことを留意しなければなりません。
ページの
最初へ

停電災害
地震・火災・自動車事故・雷雨・豪雪・暴風での停電がありますが、20分以内は、高田上谷病院・幸泉エルズとも、館内照明が明るく点灯。
その後暗くなります。
消防設備以外の緊急用自家発電を新設し、長期の停電時もMRI診断・中央エレベータ、ステーション、手術室の各系統が、自家発電されます。
ページの
最初へ

通信途絶
NTTの通信が可能な災害などでは、高田上谷病院の玄関電話が、災害時優先電話に設定されています。
電話交換機、院内PHS交換機とも自家発電で稼動しますが、NTT線や携帯/PHS断絶時は、まったく対応できません。
ページの
最初へ

放送途絶
阪神大震災で発生しました、商業放送の長時間の完全受信不可状態。
これにも対応できません。
ラジオによる情報収集だけしか、方法はありません。
ページの
最初へ

院内感染防止
高田上谷病院・幸泉エルズとも、院内感染の最大の防御である、個室化遮断にきわめて近く、幸泉エルズでは4床室も2床ごとに仕切壁を入れるなど、できるだけの対策を設備面で施しています。
運用面・ソフト面でも詳細なマニュアルにしたがっています。
ページの
最初へ

雷害防御
独特の屋上の形状でおわかりのように、高田上谷病院では、屋上全体を囲む構造体をに避雷線を敷設。強力な接地(アース)線をもうけて、雷銀座といわれる近在にあって、強力な対策を施しています。
過去3回落雷がありましたが、何ら問題はありませんでした。
ページの
最初へ